疑問・質問何なりと!!

最近の古本の買取相場について

本って場所をとるし、一度読んだらもう読まないこともありますよね。そんな時はやはり売ってしまいます。でも本ってどこで売ったら買取価格が高くなるのか相場が良く分からないものでもあります。一番簡単なのは近くの古本屋に持ち込んで買い取ってもらう方法だと思いますが、同じ系列の古本屋でも在庫の有る無しによって買取価格が変化してしまいます。でも店舗の中を見ても在庫があるかどうかってわかりずらいと思います。そんなときはインターネットを使って売却してみたらいいかもしれません。オンラインで売却するなら、本のタイトルを検索してそこに在庫があるかないかすぐに調べることができます。また、宅配便で発送するので重い本を持ち運ぶ必要がありません。売るサイトにもよりますが、送料・手数料が無料になったり、段ボールを送ってくれたりするところもあるそうですよ。


昨今の古本の買取相場について

街中を歩いていると、新古書店を多く見かけるようになりました。かつては本屋と言えば、新刊書店が中心でしたが、新古書店の台頭でこうした状況にも変化が起きています。さて、こうした広い意味での古本屋が増えたこともあり、一般の人たちも古本が売れるという知識を段々と持つようになっています。こうした古本は捨ててしまえばただのゴミです。いやむしろ、かさ張る分だけ、やっかいなゴミと言えるかもしれません。しかし、現在、これが売れるわけですから、捨てるなんてもったいない話です。古本屋に持っていって買取をしてもらいましょう。では、一体どれぐらいで買い取ってもらえるのでしょうか。本の買取には相場というものがあります。たいていはそれほど高くは買い取ってもらえませんが、中には相当の高値で買い取りをしてもらえる本もあります。


買取相場は低くても読み継ぐ価値がある古本

価値のある古本の相場は古書サイトより検索する事が可能ですが、大抵の場合、買取を委ねた古書店へ任せる人が多いのではないでしょうか。不必要になり、本棚の整理の為に買い取りを依頼したものの、あまりの買い取り額の安さに売る事を躊躇うケースも多いのではないかと考えます。必要な人に読み継がれるというのは素敵な事でもあります。自分が大切にしていた本が年代を超えて若い人や小さい子に読まれるというのは嬉しいものです。子どもの頃大好きだった絵本を古書店で見付けた時は懐かしさで一杯になります。古書から歴史を読み解いたり、文字の発達を調べる事も出来ます。専門分野で研究に活きたり、子どもの情操教育に繋がったりと時代が変わっても読み継がれる本がるのは素晴らしい事です。それが漫画であっても、人々に漫画文化が広まり、何巻も続く漫画を格安で入手出来たり、購入する側にもメリットがあるようです。