子供のための歯科医院、小児歯科とは

小児歯科とは一般的に0歳から12歳くらいまでの子供の歯の定期検診などで虫歯や口腔内の病気などを診断したり歯の生え変わりの際のケアなどをしてくれる子供のための歯科医院です。

子供の成長発育に合わせた虫歯や歯周病の予防、治療、歯並びや噛み合わせの治療なども行ってくれます。

子供の虫歯は歯磨きが上手にできていないことも原因ですが、子供の歯は食べ物のかすなどが溜まりやすいことも原因で、乳歯のエナメル質や象牙質は大人の歯と比べて薄いので虫歯になりやすく、進行が速いです。



そのため虫歯にさせないような予防や虫歯になって際の早めの治療が大切になります。

大人が普段利用する一般的な歯科医院とは少しだけ違いがあります。


歯の治療は大人でも苦手な人が多いもので、子供は特に歯医者と言うだけでも緊張してしまうことがあります。小児歯科の場合は子供を専門としているので、院内が明るく子供が楽しい気分になるような雰囲気つくりや、絵本やおもちゃが待合室に置いてあったり診察台に横たわるとDVDを見られるようにしてあったり、子供がリラックスして検診や治療を受けられるような工夫がされています。



大人と一緒の歯科医院での治療の際に子供が泣きわめいたりすると周りの人へのことが気になってしまいますが、小児歯科には大人の患者さんがいないので親の気持ちの負担も軽くすることができます。


また小児歯科では子供にわかりやすい歯磨き指導や、虫歯予防のためのフッ素塗布なども行って子供の歯の健康を手助けしてくれます。

はてなブックマークが最近こちらで話題になっています。