審美歯科で口元のコンプレックスを解消しましょう

歯にコンプレックスを感じてしまうと、前向きになれなくなったり、人前で話したり、笑顔になることを避けてしまう場合もあります。

そんなコンプレックスを解消したいなら、審美歯科に相談すると良いでしょう。



通常の歯科治療は、「歯の病気を治す」ものであり、見た目よりも健康であるかどうか、食事に支障がないかなどが重視されます。

もちろん、ある程度は見た目にも配慮してくれるのが一般的ですが、保険診療内で治す場合、使える素材などにも制限がかかります。

たとえば差し歯一つをとっても、保険内診療で使用される材質は、実用性に重きを置いていますから、「本物の歯にそっくり」とはならない場合もあります。

審美歯科なら、見た目も実用性も大切にした治療を受けることができます。たとえば本物の歯に良く似たセラミック製の義歯を使用したり、また、歯のホワイトニング治療なども取り扱っています。



保険内診療の枠にとらわれることなく、より質の高い治療を受けることができるのです。

もともと、日本ではそれほど「歯の見た目」にこだわらない風潮がありました。
しかし、欧米では歯を美しく保つことがとても重視されており、日本国内でも同様に、「歯の見た目」を大切にする傾向が強まっています。

そのため、審美歯科治療を受けることができる歯科医院も増えてきました。



これからは、歯の健康面だけでなく、審美性にもより配慮した治療が、一般的となっていくのではないでしょうか。