整形外科における日常生活動作

整形外科での治療が必要なケースの多くは姿勢の歪みや転倒によるケースが多いです。

その中でも日常生活動作が股関節と骨盤に与える影響について説明します。



最近では予防医療が展開される傾向があり、整形外科の中でも日常生活動作の見直しが重要視される傾向があります。

何気ない普段の姿勢や歩行が股関節や骨盤に大きな影響を与えており、悪い姿勢や歩行が習慣化すると股関節と骨盤へのダメージは計り知れません。


普段の生活の中には無意識に行っている悪い姿勢があります。自分では楽だと感じている姿勢や歩き方は、間違っている事がおおいですが自分ではなかなか気付く事が出来ません。



整形外科ではこのような動作指導にも最近では取り入れられるようになりました。
例えば足を組んで座ると組んだ方の骨盤が挙上し体幹は左右へと傾斜します。

また、座位で足を組むと股関節は曲がるので骨盤は後ろへの傾斜します。

デスクワークをしている方が、一日中このような姿勢をとり続けると骨盤の歪みが生じます。

次に立位ですが、足を交叉させて立つとどちらかの足に体重が偏ります。異常姿勢をとっていると、股関節周囲の筋肉はしっかりと働かなくなってしまうので、通常よりも大きな負担がかかります。


このようなメカニズムで姿勢が歪み転倒され軽軽外科での手術が必要になるケースが増加しています。

1人1人に合ったiemoについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

予防という視点が今後の日常生活において重要な視点であり、普段の生活を見直す事が大切です。

整形外科ではこのような日常生活指導という役割もあります。